「ほっ」と。キャンペーン

ロンドンな日々

ブログトップ

<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Photos

a0109580_12432474.jpg
松本(長野)ネタ繋がりの写真でも。
これは今回の旅行で撮ったモノではないけど、気に入ってるので自己マンUP。
美ヶ原高原。

a0109580_1247166.jpg
名もなき山の中。
[PR]
by norinoly-uk | 2007-09-26 12:43 | Travel

ラフティング

a0109580_122243100.jpg

公約通り行ってきました、水上ラフティング。今回は強行日帰りツアー。
まだみんな寝ぼけた状態で集合→8時過ぎには水上ベース着。世界大会が行われるという口コミと何だか本格的なベースの概観に期待と不安が爆発寸前・・・あっ、不安ってのは前日のライブ&深酒による二日酔いのため・・・。
天竜川では防寒着だったため、初めてウェットスーツなるものに袖を通す。キツ・・い。けどアッタケェね、これ。
スタート地点へ向かう中、ガイドより本日のコンディション説明。「え~、水は最盛期の1割程度です。岩がいっぱい見えますが、溺れる心配はありません。よかったですねぇ。ってかラフティングに必要なのは水よりノリ!ですから。」みたいな・・・ノレません。水がなきゃノレません、ぼく。懐疑心てんこ盛りでスタート地点に着いてみた。正解!!
a0109580_0214944.jpg

水がナイ。前回も一緒だった雨男のおかげで雨だったし、下流はスゴイんじゃない?みたいに自分を慰める。「前漕ぎ~、前!」よっしゃ来たぜ、波。波?小岩に乗り上げただけじゃん。ハァ。
気を取り直して進むこと数分。見えたぜ、波。よっしゃぁ!って感じで岩の間をすり抜ける。ガイド「水が多いときは、この岩がすごい激流を生むんです」??いやいや今生んでよ。と何だか分からないうちに恒例飛び込みの時間。水位がない分飛び込みの迫力は十分。4段階に分かれた飛び込み台。各々の勇気次第で選べるんだけど、1番上は桁違いだったためビビリ、2番目のとこから。それでも先週飛んだのよりかなりハイ。テンションじゃなくて岩がハイ。やっぱ怖気づく。俺「だいじょぶっすよね?」ガイド「何が?」俺「・・・」聞かなきゃよかったよ。
いや、今回はね、ホント高かったよ。下から見ても高ぇって思ったもん。案の定雪辱はならず、相変わらず景色は楽しめなかった。が、鼻のダメージは軽減できた。いいんだよ、1個ずつ出来るようになれば、ね?
他にもボートをひっくり返して頭から滑ったり、とりあえず楽しかったので良し。でもねぇ、やっぱ水欲しかったなぁ。終わってからのガイド「水上のラフティングはこんなもんじゃないですからね。また来て下さいね♪」だって。だって雪解け水で水位最高って春先にはJAPANにいないんだよ。UKだよ。UKにもラフティングあればいいなぁ。何だかラフティングへの想いが強くなった1日だった。
その後これまた期待のBBQ。やっぱ旨い。満腹になって、そっからまったりしたり、ビリヤードしたり、連休の中日なのに渋滞ハマッたり。楽しかったな。非常に濃い1日だったね。普段週末って仕事したり、ダラダラしたりが多いけど、計画と行動をもってすれば1日でもこんな楽しめるんだってことを強く感じた。渡英後は今以上に1日1日が勝負。この想いを胸に人生を誇れるものにしよう!!
[PR]
by norinoly-uk | 2007-09-25 00:59 | Travel

songs②

昨日はライブへ。
a0109580_2105710.jpg
東京に来てから出会った友人、加茂博之の。初の単独ライブ。パチパチパチ・・・。出会ったころは同じような境遇。会社員でテニス好きで音楽好き。音楽好きの度合いが違って、彼は退職→ミュージシャン目指して今に至る。
今までも何度もライブやってて四谷と大井町でやったとき行ったけど、今回は初の単独ライブってことで東横線で日吉へGO。
a0109580_28714.jpg

2005年からだで既に3年近く頑張ってる。夢を追って一部上場捨てたわけだし、頑張ってるって言葉は合わないかも。かも。加茂?右が加茂博之、真ん中がマァさん(evergreenってユニットで加茂ちゃんと活動)。左がヤマネコさん。下はマーク。これってスゴクない?会社辞めて音楽に道を求めて、その道程で出会った人たち。財産だよね。
相当な勇気だよね、ってか最初はすげー反対したし。でも結果俺も上場企業捨てて渡英するわけで・・・ちょっとは影響受けてたりするかも。かも。加茂?

会社の先輩・後輩とかお世話になった人とか色々来てたけど、一番熱心に聴いてたのはご両親だろうね。俺たちのテーブルの後ろに陣取って。家族に向ける言葉では伝えられない想いを綴った唄。ファミリー。友人代表の俺でもウルッときた。ご両親はヤバかったと思うよ。基本LOCKなんだけどね、たまに入れるバラードっぽいのもイイ。

でも、マジばなで、ちょっと尊敬しちゃうよね。同い年だし、同じ会社だったし、それ辞めて何年かもがいて、突っ走って、んでこのステージがある。俺ってば1年後こんな感じで拍手もらったり、やったねって言われたりしてるのかなぁ。もちろん頑張る前提だし、ペラペラEnglishになってるハズだし。こういうのってイイ感じでプレッシャーになるね。
友人の初単独ライブおめでとう&俺も頑張ろう的な一日だった。
[PR]
by norinoly-uk | 2007-09-23 02:08 | Music

松本旅行④

2日目は今回の旅行の目玉「ラフティング」へGO!!
何か最近流行ってるけど、これは日本を発つ前にやっとくべきでしょ♪ってことでTRY。舞台は飯田・天竜川。何気に初・飯田。雨天決行とは聞いてたけど、あいにくの天気模様。やっぱ何かイメージとしては、気持ちよく晴れた大自然の中、プカプカしたり激流ポイントに突っ込んだりってのがイイんじゃん、って思ってたから今回の天気はフツーにテンションを下げてった。雨のせいで寒いし、防寒着はGETしたもののホントにやんの?って感じで着水ポイントへ移動。安全のための講義を受けて、いざ出航!!
来たよ、いきなり激流が。ってかずっと天気悪かったため普段よりかなり水量が多いとのこと。はい。初心者ですが、無事帰れるんでしょうか?ってくらいの激流も何度か・・・

でもね、これ、ヤバイね。ちょ~楽しい。ぶっちゃけ清流が続いてたりすると、もっと来いよ波、とかって思っちゃうもん。んで、今回ナビってくれたインストラクターの軽妙なトークも波が来るまでの繋ぎとして素晴らしく、清流でも激流でも飽きることはナイ。そんな彼にいきなり突き落とされたときは「はっ、何?暴力反対!!!」とかって思ったけど、これもまたオモロイ。いつのまにか、落とし合い開始。楽しすぎる。あっ、やったな。今度はお前だ。みんな落ちたね。俺も落ちとこ。みたいな。とにかく落ちたもん勝ち?

途中4、5mくらいの崖があり、そこで今度は飛び込みの時間。ボードを泊めて、岩山を登る。聞くところによると、あんま晴れの日が続くと、水かさが減っちゃって飛び込めない日もあるんだって。幸い雨続きだったため問題なし。はい、みんな飛んじゃって。って。って?意外と高いよ?思わず1度立ち止まる。でも後続の視線が・・・次の瞬間、鼻が。鼻?喉?何か奥が痛い。飛び込んだはイイが、目ぇつぶっちゃったし、鼻に来ちゃったし。次はちゃんと目を開けて、景色を堪能しながら、鼻も痛くないように満点な飛び込みをしよう!と密かに決意。

うん、とりあえず最高だったよ。ラフティング。だんだんまとまらなくなってきたのでこの辺で。ハマりそう。明後日もラフっちゃう予定。今後は水上へ。
結論:雨のがイイんじゃん?日焼けの心配もないし。雨ときどき晴れみたいな感じで本当に良かった。ゴールについたら記念撮影をして、これまた楽しみBBQだ!BBQ編はまた機会があればUPします。

ラフティングもBBQも適当な写真がなく・・・この拙文から想像して下さいな。
[PR]
by norinoly-uk | 2007-09-22 15:08 | Travel

松本旅行③

松本旅行最終日、松本で旨いモノが続いた旅の締めは、やっぱ旨いモノ。ってことで、東京の旨いモノを求めて家に帰らずそのまま築地へ。
色んな店が声をかけてくる中、あのVVV6 Vシュランでどんぶり第1位に輝いた「築地青空3代目」へ。かなりの行列。みんなのお目当ては炙り大トロ丼。それも惹かれたけど、1つの味より2つの味だろ、って思って本まぐろトロとインドまぐろ丼みたいなヤツ(正確な名前忘れちゃった・・)にしてみた。
a0109580_23545383.jpg
このピンクの方分かる?これね、本まぐろのトロ。やばいよ、やばい。溶けるってこういうの言うんだよね。個人的には炙りよりこっちのが好みかも。
他にも炙り金目鯛丼とか海鮮丼とか握りもお好みで握ってもらえるし、こういう予算に応じて使い分けられる店ってオトナだよねって思った。普通のまぐろ丼とか1,000円くらいだし。
やっぱ築地って良いなぁ、って思える瞬間だった。

さて、次回はまた松本ネタをUP予定。ではでは。
[PR]
by norinoly-uk | 2007-09-20 23:54 | Travel

松本旅行②

2日目のディナーは庶民派食堂の代名詞「和」へ。これで「かのう」と読む。平均予算500円程度の驚異的なCP。東京で同じ質と量を求めたら間違いなく1,500円オーバー。利益度外視、正に学生たちの強い味方です。
a0109580_18265839.jpg

頂いたのは定番メニューのA定食。鳥のから揚げにクリームコロッケ、キャベツとサラスパが付いてこのボリューム。気になるお値段は・・・480円!!安過ぎだよ!!ご飯も半ばどんぶりのようなお椀で女性陣にはちょっと多過ぎかも。この写真で伝わるかな?

続きを読む
[PR]
by norinoly-uk | 2007-09-19 18:21 | Travel

松本旅行

3連休第1弾は松本旅行へ。完全に自己マンだけど、今日からちょっと松本中心の長野ネタが続きます。
まずはそば。長野と言えばそば。松本着いて最初の食事は当然そば。1日3食そばでも全然OKなそば人としては、最高の土地。かれこれ10年くらいかな、食べない年は無い。東京に来てからも、年に1回は松本まで足を運んで食すそばがこれ。

a0109580_10364715.jpg石挽きそば小沢。いつもは天ざるなんだけど、今回はシーズンということもあり、松茸天ざるを。久々の連休だし、豪勢に!いつもの天ざるにその名の通り松茸天がプラス。やっぱ国産はいいね。他にも海ナシ県なのに海老もイカも旨い。初めて食べて以来、ここのイカ天より柔らかくて旨いイカ天には出会っていない。もちろんそばも旨い。東京ではない味。水とかワサビとか名脇役たちもホントに旨いからってのも大きいと思う。そば茶も美味だったなぁ。やっぱ手打ちっていいよね。

続きを読む
[PR]
by norinoly-uk | 2007-09-18 09:54 | Travel

生姜祭り

9/9(日)、あきる野市の生姜祭りへ。
っていうかあきる野市ってどこ?東京?って感じで意外と遠かったが、無事到着。駅や街並と比較して、釣り合わない程の人並み。祭り独特の雰囲気が駅周辺を包んでいて、自然とテンションが上がってきた。
余談だけど、優香とかバレーの木村沙織とかあきる野市出身なんだってさ。彼女たちも昔は参加してたのかなぁ・・・

生姜祭りの目玉は、二宮神社を舞台に鳥居から神輿が階段を一気に駆け上がって奉納される勇壮且つ危険な様とのことで、昇りきった神輿を撮ってみました。もちろん止まってくれないから、ご覧のようにブレまくり。
a0109580_23495219.jpg


続きを読む
[PR]
by norinoly-uk | 2007-09-14 23:47 | Event

グリルハウス BANFF

今日は去る8日(土)に行ったステーキ屋さんをご紹介。本ブログ初の食ネタ。lego-yokohamaさん的なカメラテクがナイのが悲しい・・・旨さが伝わればいいが (汗)

大井町の阪急裏にある名店。もう5年以上通ってるかなぁ。マジで旨い&安い。カナダのバンフをイメージしてて、店頭にはデカデカとカナダ国旗がお出迎え。店内は木がふんだんに使われ、マスターもカナディアンなカッコしてます。マスターをはじめスタッフはみんな気さくでイイ感じ。
この日は、名物バイトT君が就職のため最後の日(祝・バンフ卒業!!)ってのもあって、店内は常連さんたちで溢れかえってた。いつも以上に明るく活気に満ちてた気がするなぁ。って黄昏ムードは置いといて・・・
では、ドキドキの料理レポスタート・・・

続きを読む
[PR]
by norinoly-uk | 2007-09-11 17:16 | Restaurant

Songs

a0109580_11295687.jpg夢を追って生きてる人ってカッコいいし、応援したくなるよね。自分自身、夢のために渡英決断したわけだけど、今日は後輩のことでも書こうかな。
左上の彼(画像はHPから拝借)、後輩なんだけど、仕事しながらバンド(Scam-eights)活動続けてマス。メインボーカル。7人のスカ好きが集まって、8人目は観客とのこと。去年初めて誘ってもらってライブ行ったんだけど、ものすごいパワーを感じたし、活き活きしてた。もともと大阪で大学の友人たちと始めたことが、東京や名古屋でもライブ開けるようになったり、インディーズだけど2枚、オムニバス入れると5枚もCD出すようになるなんて、この行動力と継続する力は尊敬に値するし、頭が下がる。

人間って楽な方に走りたがるし、一つの事を続けるのって意外と難しかったりする。思えば、これまでも剣道・フランス語・筋トレ・・・色々中途半端だったなぁ、と猛省。続いてるのはテニスだけかな。でも、自分なりにかなりの覚悟で渡英決めたわけだし、Mo-riに負けないよう前を向いて頑張って行こう!!
まずは、英会話レッスンから。Here we go!!
[PR]
by norinoly-uk | 2007-09-07 12:04 | Music